dmダイレクトメールを送るコツ裏技

dmと呼ばれるメールを送るときにはいくつかコツがあります。まずは一人に向けて書く事です。ダイレクトメールは数多く送る事がほとんどなので、どうしても皆さま宛になってしまう事が多いですがそれでは読み手は自分に向けられた情報だとは感じづらく、興味を持ってもらえません。次に商品、サービスのメリットを書く事です。商品、サービスの特徴や実態だけでなく、それを利用したことでどんな効果や結果が得られるのかを書くことで読み手の興味を引くことができます。またシンプルに書くことも効果的です。dmは、パッと見てすぐに書いてある文章の意味が分からなければ読んでもらえない、と言われています。助詞である、の、の連続を避けたり、同じ言葉が繰り返えされる時は違う言葉に変換するだけでスッキリとした印象になります。

ダイレクトにメールを作るときに効果的なdmデザイン

dmの成功の秘訣はいかに常識外れか、つまりいかに読み手が今までにもらったことのないメールを作るかです。読み手の興味を引き、思わず見たくなるような、驚くようなデザインが重要です。dmはまず、開封して内容を確認してもらわないと意味がありません。折角読み手のもとに届いたとしても、そのままゴミ箱に捨てられてしまってはどんなに内容や商品、サービスが良くても次へと繋がりません。読み手が開封したい、捨てたくないと思う物を作る事で初めて、dmの効果が発揮されます。例えば封筒を透明感のあるものにする事で、中の情報を一部見えるようにしたり、試供品や景品などを同封する事で開封率は格段に上がります。まずは開けてもらうという第一歩をいかに踏み出してもらえるかがダイレクトに送るメール作成のポイントです。

ダイレクトにメールを送るdm活用の仕方

dmにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ターゲットにダイレクトに送るメールは、チラシや新聞折込に比べ、伝える情報量を増やす事ができます。おすすめしたい商品、サービスに絞って内容を作る事ができ、カタログ等も送付する事ができるので、読み手が受け取る情報量を増やすことができます。また、クーポンや割引券を同封し、反応率を測る事でメールの効果を測定する事が出来ます。どのようなdmが目をひいたのかを知り、そこからデザインやカラー、形状、一緒に送付するものを変化させる事で反応率にも影響し、より効果的なdmを知る事ができます。例えば通販業や理美容院などのリピート率の高い業界や、イベント、展示会をよく行う業界に最も効果があり、上手く活用する事で大きな成果を得る事ができるのが特徴です。