Webサイトや、Web技術を応用したマーケティング技法をいいます。

具体的のいいますと・・・

1、自社のホームページや、商品広告のWebサイトなどからユーザーに商品や、サービスに関する宣伝活動、普及を行う

2、Webサイトなどに多くのユーザーが検索エンジンを経由できるようにWebサイトのSEOを行う

3、インターネット上のユーザーに対してアンケート調査を行い、市場調査を行う

4、自社サイトで獲得した顧客に、新商品の案内やサービスに関して記載したEmailを送付すること

5、自社ブログ、商品ブログなどを立ち上げ、その商品の改善点の説明や商品の告知する、さらに、その商品のユーザーの意見を集め、双方向的なコミュニケーションを取る

6、インターネット広告などといった、広告戦略などの種類のマーケティング

では、Webマーケティングの原則とはなんなのでしょうか。

以下に説明するのは、必ずしもこの原則通りという訳ではありません。

Webマーケティングの戦略はたくさんあります。

それは、各企業の商品で異なるはずです。

1、自社のWebマーケティングの専任担当者を置く

インターネットに関するツールはすべて、専門の業者に委託してしまえば仕事は効率がよい。と考えるかもしれませんが、Webマーケティングには、ホームページ、ブログ、メール、アクセス解析、インターネット広告、メルマガ、PRサイトなどなど、挙げるときりがありません。確かに、ホームページ制作会社、広告代理店、SEOコンサルタントなど、各ツールでの専門会社がいますが、その会社はその仕事しかしてくれません。

それは、当然のことです。いま、インターネットでの売れる仕組みを作るには、「オリジナリティ」なのです。自社製品を知っている社員でないと知らない製品の良さ、特徴などをPRしていくには、業者に委託していては売れる仕組みの構築はできないのです。

ですから、自社にWebマーケティングの専門家とおきましょう。または、育成していきましょう。さらに、自社の顧客をよく知る営業経験者を指名するのがさらに適役です。

2、SMではなく、S&M

S&Mとは、「S sales(営業)」、「M marketing(マーケティング)」です。優秀だと言われる営業マンは、常に「顧客情報収集」「顧客情報整理」「顧客に応じた営業手法の実施」「検証」のビジネスサイクルを自然に実施しています。知らないうちに、マーケティングと営業をこなしているわけです。しかし、これでは組織営業力を向上させるには適していません。営業部全体の成績をあげるには、売上があがる仕組みが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*