インターネット上で展開される情報メディアのことをいいます。

個人による情報発信や個人間のコミュニケーション、人の結びつきを利用した情報流通などといった社会的な要素を含んだメディアのことをいいます。

ソーシャルメディアでは、メディアの閲覧者が同時に発信者となり、他の利用者に自由に情報を発信できます。

また、ソーシャルメディアでは発信者が個々の閲覧者が必要とする情報を選択することができたり、友人や同じ興味を持つ人といった人間関係の利用して、情報の流通を制御したりする仕組みが用意されていることも多いです。

ソーシャルメディアをうまく利用できていますか?

近年、とても盛り上がっているソーシャルメディアですが、はたしてどれだけの人が使いこなしているのでしょうか。いざソーシャルメディアを利用しようと考えたがどうしたらいいのか分からないから、利用できないという方が少なくないようです。

また、利用してみた、という方でも、とりあえず、本に書いてあることをやってみた。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。漠然とした情報だけが飛び交っているため、ソーシャルメディアを活用できないのが、現在の状況なのかもしれません。

では、ソーシャルメディアを使いこなせない理由はなんなのでしょうか。

インターネットそのものが分からないと、Webサイト活用の話を聞いてもなかなか分かりづらいものです。原因は2つ考えられます。

・プロダクトアウト的に生まれた用語であり、ツールと密接に絡んだ状態で情報が飛び交っている。

具体的にはインターネット上で、「ソーシャルメディア」を検索すると、以下のような文章が検索されます。

・Twitterアカウントを取得して、ソーシャルメディアを活用しよう

・Facebookのファンページを使って、ソーシャルメディアマーケティングをしよう

・ソーシャルメディアの最適化を○○○というツールで行おう

このような内容を総合的に考えると、「ソーシャルメディア≒Twitter+Facebook+etc」となります。ようは、ツールがあること前提で、ツールを使用して・・・という意味になるかと思います。ソーシャルメディアは、物事を考える手段や、媒体そのものがメディアであって特定のサービスや企業を結びついているわけではないのです。捉え方としては、「売り手と買い手との間でコミュニケーションを取るための手段のひとつ」ということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です