知っておこうお勧めdmダイレクトメールのワザ

dm(ダイレクトメール)というと、開封率をアップさせたい、業務効率化を図りたいなど改善したい点はいくつかありますが、その中でもコスト削減させたいと思う会社は多くあると思います。ダイレクトメールを1回に大量に発送する企業などに適した条件にはなりますが、かなりコストダウンする事ができます。一つ目の条件は郵便局から発送する事です。二つ目は100通以上の発送です。三つ目は同一の郵便局の配達区域内の発着郵便物であり、同一差出人で定形や定形外、サイズや重さなど取扱が全て同じである必要があります。この条件をクリアする事ができれば、1通80円で送付するダイレクトメールが1通18円もコストダウンする事ができ、1通62円で送付する事が可能になります。ダイレクトメールの発送代行業者などであれば、コストダウンをする様々な方法を知っているので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ダイレクトメールを利用する時の注意点とは

ダイレクトメールを作成する時に注意するポイントは、送った相手にどうしてもらいたいかを具体的にする必要があります。商品を買って欲しい、来店してもらいたいなど、具体的にイメージします。次にターゲットを絞ります。お客様の問題解決や夢の実現などサポートできる事は何かを考えます。次は自社のアピールポイントです。自社のサービスや商品を買う決め手になった事、売りは何かを把握します。dmの中には自社の都合に合わせた内容だけでなく、お客様が知りたい情報、教えてもらいたい内容などを記載する事が大切です。そしてダイレクトメールの一番大切な事が読んでもらう事です。その為には目を引くキャッチコピーが必要です。会員様限定割引や特別セールなど目を引くダイレクトメールは反応率に繋がります。

ダイレクトメールの種類はどのようなものがあるのか

ダイレクトメールには様々な種類があります。利用する上でどの種類が適しているかを考えて作成する必要があります。ハガキは手に取るだけで情報を見てもらえるメリットがあります。デメリットとしては、記載情報が限られてしまうので、より多くの情報を記載する為A4サイズなど大きさを大きくする必要が出てくる場合があります。圧着ハガキはハガキよりも更に情報を記載する事ができるメリットがあります。封筒などより開きやすく見てもらいやすいですが、雨などで濡れている場合はすぐに剥がすと上手く剥がれない難点もあります。封筒などに複数のチラシやカタログを入れて送付するdmもありますが、他の種類よりもコストが割高となる為、ロイヤリティが高い顧客の選別が必要です。カタログなどの冊子は半透明や透明なフィルム状の封筒でダイレクトメールとして送る事が可能です。