効果があるdmダイレクトメールの特徴

ダイレクトメール(略してdm)とは、企業の営業や宣伝のひとつで、商品の案内やカタログをお客様の自宅や会社に直接送ることです。新規のお客様に商品を宣伝する場合にも利用されますが、購入歴のあるお客様に送る方が効果的です。例えば、初めて購入されたお客様に対して、御礼をかねた2回目購入に使用できる割引のクーポンを送ることで、リピート率がアップします。またお客様の用途に合わせて、複数のクーポンを送るという方法もリピート率に効果的です。リピート率を高めることによって、売り上げが大きくかわっていくので、dmをうまく活用することが大切です。またイベントや展示会に多くのお客様に来場してほしい場合もdmを有効に利用しましょう。来場した方に記念品のプレゼントや特典をつけることで、来場率がアップします。

dmダイレクトメールは情報集めが大切です

dmと呼ばれるダイレクトメールは、新聞やちらしに比べてコストが高くかかるので、新規の顧客獲得に使用するよりも、リピート率を高めるために、利用する方が効果もあります。しかし実際にdmをお客様に届けるためには、新聞や、ポスティングでいれることができるちらしと違い、届け先の名前と住所が必要となります。通販で販売している企業は、注文を頂いた段階で、お客さまの名前や住所等の情報を得ることができますが、店舗販売の場合、お客様の情報を集める必要があります。集める方法としては、ポイントカードやメンバーカードの発行、アンケートの記入、特典プレゼント引換などで、必要な情報を記入してもらうと情報が集めやすいでしょう。そして集めた情報を、セグメントすることが大切です。年齢や性別、また購入金額や購入頻度など、きちんとリストにすることで、それぞれのお客様にあったdmを送ることができます。

dmダイレクトメールの気になるコスト

ダイレクトメールをおくる場合、気になるのがコストだと思います。dmを発送する場合にかかる費用の内訳は、宣伝するためのちらしやカタログなどの印刷費、作業費、そして送料です。この中で最もコストが高いのが送料です。送料は重量や形状によって、また送る枚数によって料金がかわってきます。送料をどれだけ安く抑えることができるのかが、dmを送る際の重要なポイントになります。お客様に送るdmを「ハガキサイズにするのか、A4サイズにするのか。」「紙封筒にするのか、ビニール封筒にするのか。」など選択肢はたくさんあります。どんな情報をお客様に与えたいのか、そのためにはどういう形状にするべきなのかをしっかり見極めましょう。dmは送る枚数によって、かなりの金額に違いがでてきます。また近郊地域によっては割引される場合もあります。配送会社によって、条件も様々なので、しっかり調べることが大切です。