やりかた簡単dmダイレクトメールを送るステップを教えます

個人や法人宛に直接送られる商品の案内やカタログのことをダイレクトメールと言います。個人の方も多くの人が受け取ったことがあると思います。dmと略されることもあり、企業や店舗の宣伝手段などとしても利用されています。ダイレクトメールにはサイズや重さによって様々なものがあり、はがきから分厚いカタログのようなものもあります。近頃では、電子メールなどで送ることが増えるなど、様相は様変わりしつつありますが、紙のダイレクトメールは今でも効果を上げており、需要は下がっていません。新たに商売などを始める方にとって、今の時代宣伝なしで商売を成り立たせることは難しいと思います。そんな方にとって、企業や店舗を宣伝する方法の一つのダイレクトメール、その中でも、紙のダイレクトメールにスポットを当てて説明していきたいと思います。

dm(ダイレクトメール)のメリット・デメリット

dm(ダイレクトメール)のメリットは、たくさんの情報を伝えることができることです。カタログや小冊子として送れるため、商品の案内などにはもってこいです。また、新規、既存の顧客だけでなく、離れて行ってしまった顧客にもアプローチできるメリットがあります。また、クーポンなどを同梱することにより、どの程度の効果があったかが計測できるのもダイレクトメールの長所です。dm(ダイレクトメール)のデメリットは、発送料や制作費などが必要なためコストがかかる傾向があるようです。また、チラシは住所がわからなくてもポスティングできるのに対し、ダイレクトメールは、送り先の名前や住所がわからなくては出すことができません。あらかじめ、会員登録などで情報を取得しておく必要があります。上記の理由に加え、企画やデザイン、発送なども行わなければならないので、手間がかかるのもデメリットです。

dm(ダイレクトメール)の種類や送り方

dmのサイズには、大きく3種類あります。まずは、ハガキサイズのものです。一般的によく見るハガキです。その次は、紙や透明な封筒に入れて送るものがあります。そして、A4サイズを印刷してそのまま送るものがあります。発送の方法としては、郵便局で発送する方法、宅配便で発送する方法などがあります。サイズや重さ、発送範囲や発送料によって、各業者により料金設定が異なっています。また、ダイレクトメールには発送してくれる最低枚数があるので、発送を代行してもらう場合は注意が必要です。以上が、ダイレクトメールを送る際に必要な、最も基本的な知識です。今の時代、宣伝は商売をする上で欠かせないものとなっています。その方法の一つがダイレクトメールです。この、ダイレクトメールを上手に利用することが、商売成功への第一歩になると思います。